blueeconomy’s diary

株式会社ブルーエコノミーが海洋情報を発信するためのブログです。

世界経済とブルーエコノミー

2019年6月、世界銀行の世界経済見通しは、公的債務の持続不可能な蓄積が過去数年間で徐々に厄介になり、インセンティブが債務の透明性に反することが多いことを強調しました。 2010〜18年の間に、平均公的債務はGDPの40%から59%に半分に増加し、サハラ以南のアフリカは発展途上地域をはるかに超えて急成長している債務の蓄積大陸になりました(図1a)。サハラ以南のアフリカ諸国のほぼすべてが、GDPに対する債務の比率の増加に積極的に貢献しました。ただし、GDPに対する債務の比率が低下した9か国を除きます(図1b)。さらに憂慮すべきことに、GDPに占める公的債務は、アンゴラカメルーン赤道ギニア、ナイジェリアなど、サハラ以南のアフリカ諸国の4分の1以上で少なくとも2倍になっています。サブリージョンの一部は他の地域よりも急速に増加したため、平均数はある程度の不均一性を隠しています。たとえば、中央アフリカ諸国(アンゴラブルンジ中央アフリカ共和国カメルーンコンゴ共和国コンゴ民主共和国ガボン赤道ギニア、ナイジェリア、サントメ)では、債務対GDP比率の中央値が2倍になっています。 Principe。)2010年の26.7から2018年の53.4に、南部アフリカ諸国(ボツワナ、コモレス、エリトリアエスティーニ、エチオピアレソトマダガスカルモーリシャスモザンビークナミビアセイシェル南アフリカ、南)では約40%増加しました。スーダンスーダン。)同じ期間に。

 
サハラ以南のアフリカにおける公的債務の急速な蓄積の主な原因は、石油輸出国と重債務貧困国(HIPC)でした。驚いたことに、HIPCイニシアチブの恩恵を受けた石油輸出国と国々は、サハラ以南のアフリカで公的債務の急速な蓄積を主導しました。 HIPC諸国の4分の2では、GDPに占める公的債務の割合は、HIPCイニシアチブに基づく債務救済の恩恵を受けてから、10年以内に少なくとも50%増加しています。このイニシアチブは、世界で最も貧しい国々が管理不能または持続不可能な債務負担に圧倒されないようにすることを目的としています。同様に、アンゴラカメルーン、チャド、ガボン赤道ギニアなどの石油輸出国では、公的債務の急速な蓄積が見られます。これらの国々では、2014年の商品価格ブームの終結後に財政赤字が拡大したため、2018年のGDPに対する債務比率は2010年の水準と比較して2倍以上になりました。アンゴラコンゴ共和国を除いて、債務水準は石油輸出国では、他のSSA諸国の平均レベルを下回っています。しかし、2013年以降の石油価格の下落に関連した公的債務の急速な蓄積は、これらの経済の回復力と経済の多様化に関する繰り返しの問題を提起します。

重要な債務の透明性の問題、弱いマクロ財政管理、より費用がかかりリスクの高い資金源への依存度の高まり、および不利な負のショックと組み合わされた弱い債務管理システムは、主にSSAにおける公的債務の急速な蓄積を説明しています。その結果、債務の脆弱性が高まっています。 2019年8月31日の時点で、この地域の18の低所得国は、世界銀行国際通貨基金の共同債務持続可能性フレームワークの下で債務危機または債務危機のリスクが高い状態にありました。この数は多く、2010年以降50%増加しています。また、公的債務の構成に変化があり、新たな脆弱性が浮き彫りになっています。特に、外貨建て債務のシェアは2013年から12パーセントポイント増加し、2018年にはGDPの36%に相当します。これにより、一部のSSA諸国は、新興市場経済で一般的に見られる資本流出が突然停止するリスクにさらされています。

SSA諸国はどのくらい調整する必要がありますか?中央アフリカ共和国の最近の経済アップデートでは、GDPに対する債務の現在の比率を一定に保ち、最終的にはVegh etal。 (2018)。 SSA諸国の大多数は、GDPに対する債務の比率を一定に保つために多大な財政的努力を必要としていることがわかりました。実際、SSAの47か国のうち29か国は、現在の経済状況に基づいて2018年以降、現在の債務対GDP比率を一定に保つために、一次黒字を生み出す必要があります。必要な財政的努力は重要であり、SSA諸国の大多数のGDPの最大2%に相当します。債務対GDP比率を一定に保つために必要な一次黒字の中央値はGDPの約3%であり、GDPの平均3.5%です。アンゴラブルンジケニアコンゴ共和国などの国では、必要な財政的努力はSSAの平均レベルを上回っています。